企業がマイナンバーをアウトソーシングするメリット

  • マイナンバー制度について

    • マイナンバーは個人番号の通称名です。


      2015年10月以降日本に住民票を置くすべての人に、個人番号が通知されています。

      この個人番号は住民基本台帳ネットワークシステムで使われている、住民票コードから作られます。
      個人に割り振られた番号は、通知カードという紙製のものに記載されています。
      個人番号は原則一生涯かわらないものですので、通知カードは紛失や汚損がないようにしっかり保管する必要があります。
      番号を知る方法としては、通知カードもしくはプラスチック製で顔写真付きのマイナンバーカードに記載されているのを確認する、それらを紛失した場合などは役所でマイナンバーを記載した住民票を取得するしかありません。

      また、どうしてもそれが出来ない場合、役所に開示の請求をすることができます。
      開示の請求に関しての対応方法は各自治体によるところとなりますので、どうしても希望している場合は住民票のある市区町村役場へ一度相談しましょう。


      個人番号をどうしても変えたい場合でも、原則変更することは出来ません。


      もし、情報流失等で悪用の危険性がある場合には市区町村長の判断で変更する場合もあるとされています。


      それ以外は基本的に一生涯変わることはありません。

      マイナンバーの提出を求められるケースはさまざまありますが、一番多いのは会社に勤めたときや年末調整などを行うときでしょう。その際、個人番号の通知カードの写しと顔写真付きの身分証を求められます。

      個人番号を使った他人の成りすましを防止するため、通知カードを提出する際には必ず顔写真がついた公的書類の写しを添付しないと手続きを行うことができない決まりとなっています。この制度が始まった頃は、企業でも混乱が起こり、どのような場合は収集する必要があるのかなど曖昧でしたが、実際に制度がスタートしだんだん企業側でも対応方法がわかってきているようです。

      また、証券会社で口座を作る際にも個人番号が必要となります。その他活用する予定となっているのは、災害が起きたときです。災害での身元確認や給付などで利用される予定です。また、現時点ではいつ頃になるか明確に放っていませんが、保険証のかわりにすることというのも構想されています。

      しかし、まだ制度が始まって日が浅い、システムのトラブルが相次いでいる、政府の準備が間に合わない等で遅れる可能性もあります。

      日本に住んでいるに付与されているものですので、この個人番号制度が始まったことで、住民基本台帳カードの新規発行が終了となりました。
      住民基本台帳カードの有効期限が過ぎると、更新することができなくなりかわりに個人番号カードを発行する必要があります。
      また、住民基本台帳カードの有効期限ないであっても、個人番号カードを発行した場合は返納することとなっています。また、専用のカードリーダーを使って確定申告を行う人は、マイナンバーカードを発行しておく必要があります。


      今まで使っていたカードリーダーがそのまま使えるかどうかは、そのカードリーダー対応しているか確認しておきましょう。

















  • 関連リンク