企業がマイナンバーをアウトソーシングするメリット

  • マイナンバー通知カードを紛失した場合の手続き

    • マイナンバーは、日本の国民全員に異なる番号を割り当てて、行政サービスなどの効率化を図るための制度です。

      マイナンバーBPOの最新情報を公開しています。

      だれがどの番号になっているのかは、通知カードと呼ばれるカードに記載されて、説明書類などと一緒に簡易書留で郵送されてきます。

      他人に知られて不正利用されたりすることを避けるために大切に保管する必要があるのですが、名刺大の小さなカードですから、紛失してしまうこともあります。

      様々な種類の間接材調達の情報サイトはこちらです。

      そうなると、自分のマイナンバーが分からなくなり、行政サービスなどを受けるときに困ってしましますが、実はこの通知カードは再発行可能です。
      通知カードを再発行するためには、いくつかの手続きをとる必要があります。まず第一に、自分の住んでいる場所を管轄する警察に遺失物届を提出します。
      遺失物届が受理されると、受理番号が記載された書類が発行されるので、大切に保管します。

      この書類までなくしてしまっては、通知カードの再発行も覚束なくなるので、大切に保管するようにしましょう。

      但し、自分は絶対に通知カードを自宅外に持ち出していない。

      家の中のどこかにあるはずだという場合には、警察に遺失物届を提出する必要はありません。
      次に、自分の住んでいる市町村役場の通知カード担当課に行って、通知カードの再発行手続きを行います。

      介護の支援情報をお伝えします。

      この手続きの際には、本人確認のために運転免許証やパスポート、或いは保険証など、公的機関が発行した身分証明書が必要です。
      また、紛失した事実を証明するために上述した遺失物届の受理番号が必要になりますので、手続きを行う際には忘れずに持って行きましょう。


      更に、再発行手数料として500円が必要です。

      市町村役場にまだ通知カード担当課がない場合には、市民課等が担当するので、窓口で相談するとよいでしょう。

      介護の支援の詳細情報となります。

      通知カードの再発行手続きを行ってから実際に再発行されるまで、3週間から1か月程度の期間が必要となります。
      受け取りの際には、市町村役場の担当窓口で受け取るか、簡易書留で郵送されるか2通りの場合があり、各市町村によってどちらかの方法をとることになりますので、再発行手続きの際に確認しておきましょう。

      ポスシステムの情報ならこちらで掲載されています。

      何らかの理由でどうしても通知カードの再発行まで待てない場合には、マイナンバー記載ありの住民票を取得すると、自分の番号を確認することができます。

      http://okwave.jp/qa/q9126271-professional.html

      急いで番号だけ確認するのならば、この方法を使うとよいでしょう。
      なお、紛失した通知カードによって他人に自分のマイナンバーを知られた恐れがある場合には、番号の変更申請も行うことができます。この変更申請は、上述した紛失による通知カードの再発行手続きの際に合わせて行うこともできますし、変更申請だけを単独で申請することも可能です。
      変更申請の手数料は無料です。

      https://allabout.co.jp/product/101731/219387_09.htm

      変更申請の際には、通知カードの紛失届も市町村役場に提出する必要があるので、事前に警察に遺失物届を提出しておく必要があります。

      http://www.nikkei.com/markets/ir/sys/redirect_ir.aspr?s=ir&f=http://www.nikkei.com/markets/&nik_code=00005754&click=INFOLIST&u=http://www.trans-cosmos.co.jp/company/news/150525.html

      また、本人確認のために運転免許証等の公的機関の発行した身分証が必要です。

  • 関連リンク

    • 人事業務において大変な作業である「勤怠管理」をシステムで自動化して効率を図ろうと考える企業さんは結構、多いのですが勤怠管理システムの自動化は色々な点で難しく問題点も多いので注意が必要です。「勤怠管理の自動化」とは従業員が「出社した時刻」「退社した時刻」をシステムに記録させて「遅刻」「早退」「残業時間」を自動的に計算させられないか?という発想から提案される事が多いのですが以下に順番に問題点を挙げて行ってみます。...

    • マイナンバーは、日本の国民全員に異なる番号を割り当てて、行政サービスなどの効率化を図るための制度です。だれがどの番号になっているのかは、通知カードと呼ばれるカードに記載されて、説明書類などと一緒に簡易書留で郵送されてきます。...