企業がマイナンバーをアウトソーシングするメリット

  • マイナンバー制度によってサービスの質が上がる

    • マイナンバー制度によってサービスの質が上がります。特に行政サービスはこれまでとは格段に違うものとなります。
      まず役所に行く必要が無くなります。

      マイナンバーサービス情報探しならこちらをご確認下さい。

      何故かというとマイナンバー制度に書類の管理がデジタルデータ管理に変わりますから書類という概念が無くなることになるからです。

      デジタルデータということは、パソコンやタブレットなどのネットにつながっている環境があれば、それで今の役所でしていることが全部出来るようになります。



      ですから、ネット環境さえあれば、役所に行くことなく全ての行政サービスを受けることが出来るようになるわけです。そうなるとパソコンが苦手という人も出てくるかもしれませんが、基本的にこれまでのような難しい手続きが全て簡単になると考えていいでしょう。
      これもマイナンバー制度のメリットです。



      パソコンやタブレットなどの端末画面上で選択をしていくだけで、求めることが出来るようになってくるでしょう。



      元々役所での手続きが難しいというものはほとんどありませんし、日ごろしないようなことでも、例題のようなサンプルが用意されていて、それを見ながら出来るようにもなるでしょう。
      どうしたらわからないような場合でも、質問をその場で出来て、その場でリアルタイムで回答が来るというシステムも出来る可能性もあります。

      テレビ電話のような感じで質問に答えてくれるようなことも出来るかもしれません。

      そうなるといかに、このマイナンバー制度というものが便利なものかということがわかるでしょう。

      だからこそ導入を成されたのです。

      このような大規模に行政サービスが変わるにはそれなりのシステムを作る必要がありますから、まだ、ここまでの変更はなされていませんが、いずれはそうなっていくことになるでしょう。



      全ての行政サービスが飛躍的に変わるのがこのマイナンバー制度でもあります。

      http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B9%2C%E8%A9%90%E6%AC%BA

      そして、この制度は企業などの民間にも大きな影響を与えることになります。

      当然デジタルデータでの管理は当たり前になり、書類による管理が無くなります。

      そして、国が運営するシステムと連携をすることで、いろいろなことが便利になる可能性があります。


      今でいう身分証雌というようなものを提示することもいらなくなる可能性があります。

      https://matome.naver.jp/odai/2143390102933818601

      個人の番号が分かれば、これ以上にその人を特定するものはありません。

      これによってよくある身分証明は大きく変わることになるでしょう。


      確実に自分の身分が証明されるので、犯罪などにも使われなくなる可能性もあります。


      自分の番号が確実に決まるということはそうした意味でも大切なことです。

      http://getnews.jp/archives/1535419

      企業は今でもどんどんとデジタルデータによる管理を進めていますが、これがさらに進んでどんどんと便利になっていくことが予想されます。


      民間企業は競争が絡んでいるので業務を効率化させるという意味でも便利なものはすぐに導入していく必要性があります。
      そして、どんどんと便利なものが登場するようになるのです。

  • 関連リンク