企業がマイナンバーをアウトソーシングするメリット

  • 企業がマイナンバーをアウトソーシングするメリット

    • マイナンバーは住民票のあるすべての人に番号を与えて行政の効率化と国民の利便性を高めて、公平で公平な社会を実現するために実施される制度なのです。



      これまで行政機関で個人情報をとり扱う仕組みはそれぞれ分割されていて手続きをする場合はそれぞれ行政機関ごとに行う必要がありました。



      しかしマイナンバーで各行政機関が同じ情報を確認することができるようになり、必要な添付書類が削減され、行政の手続きを簡略化することができるようになり利便性が向上されることになります。

      公平で公正な社会という面では所得や他の行政機関で受けることができるサービスの需給状況を確認することができるために、社会保障や税の給付、負担の公平化を図ることができるようになります。



      マイナンバーは住民票住所に送付され、通知カードにそれぞれ個人の番号として、12桁の個人番号が明記してあります。

      通知カードと写真など必要なものを申請することで個人番号カードを入手することができ、個人番号カードがあればそれで本人確認も行うことができるようになります。



      この個人番号は企業にも必要となります。



      それは企業は行政に対して社会保険の申請や所得税の申告などを行う必要があるためです。



      例えば健康保険の資格取得のときに個人番号の記入が必要であったり、源泉徴収票や支払調書に個人番号の記入が必要となります。企業は基本的に従業員全員の個人番号を集めなければなりません。



      注意しなければならないことは、個人情報となるために情報漏洩しないように管理しなければなりません。ただ従業員に個人番号を記入してもらい集めるということだけではなりすましを防ぐことができなために、収集するときは本人確認ができるように免許証などで確認しなければなりません。

      また扶養家族がある場合はその家族の個人番号の収集も必要です。



      その上であつめた個人番号を専用のシステムなどで管理することになりますが、インターネットなどに接続していると行法漏洩の危険性があるためにネットワークと切り離すか、専用のセキュリティ対策を行うなど安全管理を行う必要があります。

      このようなマイナンバーを企業が収集して管理するためには、本人確認も必要となり収集の仕組みを作ることと、専用のシステムで管理するなど費用もかかり、リスクも発生することになります。
      効率的に収集し、安全に管理する方法としてアウトソーシングを行うという方法があります。
      アウトソーシングを行う業者はこのような収集管理を専門に行う仕組みづくりをしていることになります。安全管理措置にある物理的安全管理措置としても確立できていることになり、専用のシステムを導入しているために、技術的安全管理措置も問題ないことになります。
      またアウトソーシング利用するメリットとしては法制度が変更されたような場合もすぐに対応してもらうことができるので企業としては効率的にしかも安全にマイナンバーを収集、管理することができるようになります。


  • 関連リンク

    • マイナンバーは個人番号の通称名です。2015年10月以降日本に住民票を置くすべての人に、個人番号が通知されています。...

    • 介護セミナーは、自分のスキルアップを図るために必要であり、ひいては勤務する施設や事業所の評価にもつながる重要なものです。まず、「職員の技術を向上させる」ためのセミナーがあります。...