企業がマイナンバーをアウトソーシングするメリット

  • こんなタイムレコーダーなら勤怠管理も楽になります

    • 会社は従業員の勤怠管理を行い、働いた分の賃金を支払うと言う義務があります。

      例えば、9時出社、6時退社の会社の場合、昼休みが1時間とした場合には、所定労働時間は8時間となり、8時間分の給料を支払うのが会社の義務になるわけです。


      但し、これは9時前に出社、6時以降に退社をしている場合であり、遅刻や早退がある場合には1日の所定労働時間を満たしていないため、会社が定めたルールに従い、給料から天引きを行うなどの措置が行われる事になります。
      何時に出社をしているのか、何時に退社をしているのかを把握するために必要なのがタイムレコーダーです。

      従業員は出社時と退社時に時刻を証明するための打刻と言う作業が必要です。一般的には、紙のタイムカードを挿入すると時刻を記録すると言ったタイムレコーダーになりますが、記録してある情報は集計作業や遅刻早退のチェックなどが必要になります。
      最近は、パソコンを使って仕事をする会社が多くなっているため、タイムカードに記録してある時刻をパソコンに入力をして集計作業を行うケースも多くあります。

      しかし、従業員の数が多い会社などの場合、入力に掛かる工数が多くなりますし、入力ミスをしてしまうと勤怠管理における正確性がなくなるなどのデメリットにもなりかねません。
      従業員がそれぞれ打刻してある時刻の中には残業時間帯の時刻もあります。
      残業の時間と言うのは、所定労働時間とは別に計算をしていく必要があるもので、通常残業と深夜残業と言った別枠の区分もあるなど、取扱いについては十分な注意が必要です。

      残業代は通常時間帯とは単価そのものが異なりますし、深夜残業は通常残業時間帯とは単価が異なるので分けて計算をする必要があります。
      入力ミスをしてしまうと、1か月間の残業手当の支給にも影響を及ぼすなど、一人が入力を行い、もう一人がタイムカードの記録とパソコンに入力してある情報を照合すると言った作業が必要になるケースもあります。こうした作業効率を改善しているのが、勤怠管理システムであり、従来型のタイムカードとは違いタイムカードの代わりにICカードや生体認証と言った方法で、時刻の証明を行えるタイムレコーダーやシステムがあります。

      ICカードなどの場合は、カードリーダーにタッチをする事で、ICカードに記録してある社員情報とタッチを行った時刻をハードウェアに記録が出来ます。記録されている情報はデジタルデータになるので、タイムカードを見ながら時刻を入力する必要がいりませんし、入力ミスのチェックも要らなくなります。管理者および従業員はそれぞれ自分のパソコン上で入退室の時刻を把握出来るため、工数を削減した形での勤怠管理を円滑に行う事が出来るようになります。

      集計作業を行う従業員は、タイムカードの時刻を入力仕事やチェックをする仕事がメインではないので、管理をシステム化する事で自分の仕事に専念する事が出来ると言うメリットにも繋がって来るのです。





      いろいろなGoogle Maps API for Workに関する情報満載です。

      GoogleMapsAPIのプレミアムプランの情報探しはこのサイトから初めてください。



      https://m3q.jp/t/380

      http://girlschannel.net/topics/keyword/%E8%B3%83%E8%B2%B8

      http://www.47news.jp/photo/1500318.php

  • 関連リンク