企業がマイナンバーをアウトソーシングするメリット

  • タイムカードでの勤怠管理から脱却するメリット

    • 紙のタイムカードは100年以上前から企業の勤怠管理の要として使われてきました。

      日本でも明治初期から使われており、今の資本主義経済の中、従業員の労働時間を正確に記録するものとして今も多くの企業で使用されています。しかし、そんな紙のタイムカードは今、徐々に違うものに置き換わりつつあります。それは、クラウド型の勤怠管理システムです。

      もちろん、タイムカードにも良いところはあります。

      まずタイムレコーダーと紙のカードを用意するだけという初期投資や導入の手間の少なさ。



      そして、同時に使用する従業員側にとっても使い方が簡単ですぐに覚えられるという大きなメリットもあります。
      しかし、一方でこの形の勤怠管理は様々な問題も生み出してきました。



      例えば、集計の大変さ。現在は給与計算というものはほとんどコンピュータを使って行われていますが、計算するためには出退勤の時間をコンピュータに入力する必要があります。



      旧来のタイムカードの場合はそれら出退勤の時刻は紙に打刻されていますので、それを一枚一枚見ながら入力しなければならないのです。


      従業員数や事務所の数が少ない場合はそれは大きな手間ではありませんが、企業が成長し従業員が増え、事業所が全国に散らばってしまうとその収集と入力の手間はかなりのものとなってしまいます。
      さらに、入力件数が多くなればなるほど、ミスも増えてしまいがちです。

      給与計算のミスは従業員からの信頼を大きく損ねてしまうので、かなりの問題と言えます。

      お手軽のマイナンバー収集について気になる方はこちらです。

      また、近年よく取りざたされる労働時間の長時間化の問題もあります。
      そういった過重労働を防ぐためにはなるべく早く勤怠の状況を把握して是正しなければなりません。

      cdの朗読関する情報選びで困った時に見てほしいサイトです。

      しかしこれもこれまでの紙への打刻の場合、一枚一枚閲覧するか、もしくは給与計算時に集計された労働時間のデータを見ることでしか把握できません。これでは過重労働を防ぐためには遅すぎると言えます。


      一方、クラウド型の勤怠管理システムではこれらの問題の解決を図ることができます。

      ICカードなどで打刻された出退勤時間は、タイムレコーダーからインターネットを通じてシステム内に格納され、即座に集計されます。

      これにより、紙を集めて入力しなおす手間がなくなり、ミスもなくすことができるのです。
      また、これまで必要であった紙の保管についても必要なくなります。

      http://www.47news.jp/photo/1500318.php

      さらに、労働時間についても管理者はインターネットに接続さえできればいつでもどこからでも閲覧できるため、過重労働の早期チェックも可能となります。

      過重労働の防止は残業代の削減につながりますので人件費を抑えることができますし、従業員の満足度も高めることができます。
      これまでの紙のタイムカードの良さを引き継ぎつつ、抱えていた問題点を解決してくれるクラウド型の勤怠管理システム。

      http://smany.jp/6441

      特に従業員や事業所が多くある企業におすすめだと言えるでしょう。

      http://okwave.jp/qa/q9126271-professional.html

      まだ紙を使っている場合は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

  • 関連リンク

    • 間接材購買は、企業内コストにおける盲点といえます。そもそも間接材は、商品の原材料とは違い、利益に直接関わらないものです。...

    • 人事業務において大変な作業である「勤怠管理」をシステムで自動化して効率を図ろうと考える企業さんは結構、多いのですが勤怠管理システムの自動化は色々な点で難しく問題点も多いので注意が必要です。「勤怠管理の自動化」とは従業員が「出社した時刻」「退社した時刻」をシステムに記録させて「遅刻」「早退」「残業時間」を自動的に計算させられないか?という発想から提案される事が多いのですが以下に順番に問題点を挙げて行ってみます。...